多種多彩、大量データの取り扱い、また軽量化、高速化に対するニーズにより、従来のリレーショナルデータベースから検索に適したDBが生まれています。

昨今の潮流

リレーショナルデータベース

XML-DB、Object志向DB

KVS(Key-Value Store)

シェアードからシェアードナッシングへ

従来の共有する(シェアード,Shared)から、占有(シェアードナッシング、Shared Nothing)が重要視されてきています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です